転職失敗1

f:id:aroundforty:20160504223338j:plain

40歳手前で、アラフォー無職となってしましました。

 

2014年12月まで13年以上建築土木の会社に勤め、その後、転職。理由は単純で、2代目社長の理不尽さに疲れてしまったから・・・。

 

 

勤めていたのは住宅会社を相手にした会社で、総務課以外は一通り経験して、最終的には法人営業及び施工管理を行なってました。

 

住宅着工件数の減少と共に業績は落ちていき、その矛先は営業であった自分にも向けられ、やってもやっても報われず、怒られるだけの毎日に精神的にも参ってしまって……。

 

自分も含めて下っ端社員は比較的仲が良くて、それが救いでしたが、離職率はそこそこあり、10年以上勤めている人は数人程度、仕事が出来る人ほど次々とやめて行ってしまい、自分が退職する1年前は同時期に10人は退職したのではないでしょうか・・・。(ちなみに50人規模の会社)

仲の良かった人たちは、みんな「卒業」していきました。。

 

 

実はアラサーのときに、このままではまずいと思って、二級建築士、1級土木施工管理技士、第1種衛生管理者をなにか転職の際の武器として使えるかと思って取得しました。

 

その後、10人規模でやっている取引先の社長に誘われるまま、転職・・・。結局9ヶ月で退職・・・。

理想と現実は違うもので、裏では違う顔を持っていたというか・・・。

 

自分も40歳手前で、転職市場ではギリギリ・・・。っというか、ムリ?のラインで早い決断の方がいいと思った選択でした。

2015年9月の事でした。